こんなときに便利

社会に出て、会社などに勤め出すと大体の企業で忘年会や新年会などのイベントがあり、会社の同僚の方や先輩達とお酒を飲む機会が増えてきます。大体の場合は、そのまま一次会で終了してしまう場合が多いのですが、仲の良い同僚や先輩や後輩と二次会に向かう人もいるかと思います。

仲の良いメンバーであるのであれば、それほど気を使う必要もありませんし、軽口を叩きながらお酒を楽しむことを出来るかと思いますが、ただお酒を飲んで色々な事を話していても、いつかは飽きてしまい、自分が飽きていなくても、付き合っている人はもしかしたら飽きてしまっているかも知れません。

その様な事態を防ぐために二次会でゲームなどをして景品を出してみてはどうでしょうか。仲の良いメンバーならそれほど高額な景品でなくても誰も怒りはしませんし、景品が無くても、二次会費を全額無料にするだけでも十分な景品になります。常に一緒にいる仲の良いメンバーだからこそできる二次会の景品の出し方もあると思いますので、考えて景品を出してみれば、仲もさらに良くなり、明日からの活力にもなるかと思います。また、二次会に参加をしていないメンバーも気兼ねなく誘うことが出切るようになり、新しい人間関係も作れる用になると思います。

晴れの舞台を盛り上げるアイテム

一月になると、人生における重要なイベントである成人式があり、成人の日を迎えれば、大人として社会から見られるので、責任がついてきます。しかし、成人式を迎えたその日に成人になった人は、そんな事を考えず、旧友に会ったり、当時の先生方と会ったりと間違いなく思い出に残る日ではないでしょうか。クラス会などで旧友達との親交を深めた後には、仲の良い仲間達で二次会をする事も多く、お酒を飲むことを許されるので、会話が弾み、当時の思い出話などが次々と出てくると思います。

そんなときにゲームなどを行い、景品などを用意すればさらに盛り上がること間違いなし。ただでさえ、旧友達との再開で盛り上がっているのに、景品も出れば、確実に思い出に残ります。景品の予算が全然なく、悩んでいる場合でも、皆で話し合えば確実にいい意見が出ますし、同世代であれば、ある程度の趣味はわかると思いますので、少ない予算内でも満足する事が出来る景品を用意する事は出来ると思います。

人生に置いて一度しかない大切なイベント成人式。その成人式をさらに思い出深くするために、二次会の景品などを準備して、二次会に参加した人全てに楽しい思い出を共有するために、これから成人を迎える人は考えてみてはどうでしょうか?