女子だけの二次会にも

様々な行事があり、それに伴う二次会がありますが、最近では女子だけの二次会も多くなっており、異性がいないので、気を使う必要がなく、女子会の二次会では、殆どの女子が楽しい時間を過ごせる場合が多くあります。お酒を飲みながらお喋りをするだけでも、満足する時間を過ごせる場合が多いですが、それだとどうしても全ての人が参加をすることが難しく、その中でグループが出来上がってしまう場合もあり、人によっては満足する事が出来ない事もあるかと思います。

そんなときにゲームなどをする時間を二次会の中で作り、皆で参加をしてみてはどうでしょうか。同性であるのであれば、どの様なものが喜ばれるかをわかると思いますし、しっかりと二次会の主催者が取り締まれば喧嘩が起こることもまずあり得ません。二次会は、一部が盛り上がる場所ではなく、参加した人誰もが満足して楽しむことができる場所です。その中にゲームなどを取り入れ、景品を用意すれば、皆で盛り上がる事が出来るでしょう。

景品のランクも勿論重要ですが、気の会う友達同士で行う二次会であれば、高額な景品が用意出来なくても、そのゲーム自体で皆が盛り上がり、また二次会があったときに、 もう一度ゲームをして盛り上がろうなどと次の二次会の準備も出来るかも知れません。

二次会景品の選び方

結婚式や何かしらのお祝い行事の後に、当人の仲が良い仲間達で行う二次会は、皆が盛り上がることが出来るので、来た人誰もが楽しむことができます。仲の良い仲間達で楽しくお酒を飲んだり、様々な人と親交を深めることが出来るので、二次会に参加出来るのであれば、出来るだけ行った方が、二次会の主催者の人にも喜ばれますし、主役の人にも喜ばれます。もちろん、お酒を飲んだり、

お話をするだけでも十分に楽しめる二次会ですが、その内容の中にゲームでもあれば、二次会に参加した人、全てが楽しむことができますし、参加している人に知らない人がいても、その人と親交を深めることができます。また、そのゲームに景品などがあれば、確実に盛り上がりますし、参加に前向きでない人でも必ず二次会景品目当てに参加をしてくれます。

しかし、どのような景品を用意すればいいのでしょうか。予算なども関係もあり、それほど高額な景品が出せない場合でも、一等に予算をつぎ込み二等以下は景品のグレードを落としても、皆が一等を目指して頑張ってくれますし、出来るだけ景品のグレードを落としたくない場合は、景品の数を少なくして、予算内で豪華な景品を用意すれば、皆がそれを目指して楽しんでくれます。二次会で豪華な景品が取れるとなれば、皆が盛り上がりますし、景品を取れた人は、必ず思い出に残り、自分が主催者になったときに同じことをやろうと考えてくれます。予算に限りがある場合でも、少しの工夫と知恵を使えば、必ず誰もが楽しむことができ、思い出に残る二次会を主催する事が出来ると思います。