こんなときに便利

社会に出て、会社などに勤め出すと大体の企業で忘年会や新年会などのイベントがあり、会社の同僚の方や先輩達とお酒を飲む機会が増えてきます。大体の場合は、そのまま一次会で終了してしまう場合が多いのですが、仲の良い同僚や先輩や後輩と二次会に向かう人もいるかと思います。

仲の良いメンバーであるのであれば、それほど気を使う必要もありませんし、軽口を叩きながらお酒を楽しむことを出来るかと思いますが、ただお酒を飲んで色々な事を話していても、いつかは飽きてしまい、自分が飽きていなくても、付き合っている人はもしかしたら飽きてしまっているかも知れません。

その様な事態を防ぐために二次会でゲームなどをして景品を出してみてはどうでしょうか。仲の良いメンバーならそれほど高額な景品でなくても誰も怒りはしませんし、景品が無くても、二次会費を全額無料にするだけでも十分な景品になります。常に一緒にいる仲の良いメンバーだからこそできる二次会の景品の出し方もあると思いますので、考えて景品を出してみれば、仲もさらに良くなり、明日からの活力にもなるかと思います。また、二次会に参加をしていないメンバーも気兼ねなく誘うことが出切るようになり、新しい人間関係も作れる用になると思います。

晴れの舞台を盛り上げるアイテム

一月になると、人生における重要なイベントである成人式があり、成人の日を迎えれば、大人として社会から見られるので、責任がついてきます。しかし、成人式を迎えたその日に成人になった人は、そんな事を考えず、旧友に会ったり、当時の先生方と会ったりと間違いなく思い出に残る日ではないでしょうか。クラス会などで旧友達との親交を深めた後には、仲の良い仲間達で二次会をする事も多く、お酒を飲むことを許されるので、会話が弾み、当時の思い出話などが次々と出てくると思います。

そんなときにゲームなどを行い、景品などを用意すればさらに盛り上がること間違いなし。ただでさえ、旧友達との再開で盛り上がっているのに、景品も出れば、確実に思い出に残ります。景品の予算が全然なく、悩んでいる場合でも、皆で話し合えば確実にいい意見が出ますし、同世代であれば、ある程度の趣味はわかると思いますので、少ない予算内でも満足する事が出来る景品を用意する事は出来ると思います。

人生に置いて一度しかない大切なイベント成人式。その成人式をさらに思い出深くするために、二次会の景品などを準備して、二次会に参加した人全てに楽しい思い出を共有するために、これから成人を迎える人は考えてみてはどうでしょうか?

女子だけの二次会にも

様々な行事があり、それに伴う二次会がありますが、最近では女子だけの二次会も多くなっており、異性がいないので、気を使う必要がなく、女子会の二次会では、殆どの女子が楽しい時間を過ごせる場合が多くあります。お酒を飲みながらお喋りをするだけでも、満足する時間を過ごせる場合が多いですが、それだとどうしても全ての人が参加をすることが難しく、その中でグループが出来上がってしまう場合もあり、人によっては満足する事が出来ない事もあるかと思います。

そんなときにゲームなどをする時間を二次会の中で作り、皆で参加をしてみてはどうでしょうか。同性であるのであれば、どの様なものが喜ばれるかをわかると思いますし、しっかりと二次会の主催者が取り締まれば喧嘩が起こることもまずあり得ません。二次会は、一部が盛り上がる場所ではなく、参加した人誰もが満足して楽しむことができる場所です。その中にゲームなどを取り入れ、景品を用意すれば、皆で盛り上がる事が出来るでしょう。

景品のランクも勿論重要ですが、気の会う友達同士で行う二次会であれば、高額な景品が用意出来なくても、そのゲーム自体で皆が盛り上がり、また二次会があったときに、 もう一度ゲームをして盛り上がろうなどと次の二次会の準備も出来るかも知れません。

二次会景品の選び方

結婚式や何かしらのお祝い行事の後に、当人の仲が良い仲間達で行う二次会は、皆が盛り上がることが出来るので、来た人誰もが楽しむことができます。仲の良い仲間達で楽しくお酒を飲んだり、様々な人と親交を深めることが出来るので、二次会に参加出来るのであれば、出来るだけ行った方が、二次会の主催者の人にも喜ばれますし、主役の人にも喜ばれます。もちろん、お酒を飲んだり、

お話をするだけでも十分に楽しめる二次会ですが、その内容の中にゲームでもあれば、二次会に参加した人、全てが楽しむことができますし、参加している人に知らない人がいても、その人と親交を深めることができます。また、そのゲームに景品などがあれば、確実に盛り上がりますし、参加に前向きでない人でも必ず二次会景品目当てに参加をしてくれます。

しかし、どのような景品を用意すればいいのでしょうか。予算なども関係もあり、それほど高額な景品が出せない場合でも、一等に予算をつぎ込み二等以下は景品のグレードを落としても、皆が一等を目指して頑張ってくれますし、出来るだけ景品のグレードを落としたくない場合は、景品の数を少なくして、予算内で豪華な景品を用意すれば、皆がそれを目指して楽しんでくれます。二次会で豪華な景品が取れるとなれば、皆が盛り上がりますし、景品を取れた人は、必ず思い出に残り、自分が主催者になったときに同じことをやろうと考えてくれます。予算に限りがある場合でも、少しの工夫と知恵を使えば、必ず誰もが楽しむことができ、思い出に残る二次会を主催する事が出来ると思います。